車の掃除は定期的に

車の掃除は定期的に 車は毎日乗っていても乗らない日のほうが多くても埃は溜まるため、こまめにすることができない場合は定期的に室内を掃除する必要があります。
特に埃が目立つ場所はダッシュボードの上になり、物を置いていたり手で触れたりすると跡が残るため気になる場所でもあります。
ダッシュボードを掃除する場合は水を絞った雑巾で拭いたり、静電気でほこりを絡め取ったりする道具を使用しましょう。
また窓ガラスも室内側は手で触れることもあるため指紋や手垢が付着して見えにくくなることもあるので、眼鏡拭き等の綺麗な布や水を絞った雑巾で拭き取りましょう。
カーナビなどがある場合も同じように画面に指紋が付着しますので拭き掃除をし、車内の拭き掃除をする際はハンドルやドアノブなどやり残しがないように隅々まで行ないましょう。
マット類の場合は靴などの履物の底に付いた砂や土などが落ちているので、車内から出して叩いたりして砂や土をきれいに落としましょう。

車選びでは内装も大事

車を選ぶ場合、外装にこだわる方は多いと思いますが飽きずに長く乗る為には内装というのも実は大きなポイントになります。
自分で運転する車ですので外から眺めている時間よりも実は運転している時間も含めて車内にいる時間の方が多いもので、それを考えた場合は外装よりも内装を重視した方が良いという考え方も出来るのです。
内装と一口に言ってもカジュアルなものラグジュアリー感のあるもの、スポーティーな感じのものなどありますし、それは単にシートや内張りのデザインだけでは無くハンドルのタイプや計器類のデザイン・配置など多様な要素により決定されます。
新車で購入する場合ですとハンドルなど基本的な部分はともかく、シートの柄などをある程度オプションなどで自分で選ぶという事も出来ますので、ある程度自分好みのタイプに仕上げる事も出来ますので、外装と同じくらい内装にもこだわってみると長く乗るという事を考えた場合は有効な事になるでしょう。