廃車の手続きに必要な書類

廃車の手続きに必要な書類 一般的に自動車の廃車と呼ばれておりますが、法律上は自動車の抹消登録と呼ばれます。この登録抹消の手続きは車の所有者が登録されている陸運局の運輸支局で行います。これらの手続きは廃車になる車両や所有者の状況により異なりますが、必要となる書類は同一になります。
まず、廃車とする車両の所有者の印鑑証明書が必要になりますが注意点として発行から三ヶ月以内の書類のみが有効になります。
次に、車両の所有者の委任状を準備しますが、印鑑証明書と同一の印鑑が押されたものを準備しなければなりません。
そして、前後に使用されていた二枚のナンバープレートも必要な書類の一つになり、直近て作成された自動車検査証、さらに車両が解体報告記録がなされた日と移動報告番号が記載されたものが必要になりますが、解体記録日と移動報告番号は正式な書類では無く、一定の書式で書かれたものであれば十分になります。
また、手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税申告書は当日に陸運局で記入する書類になります。

廃車の意味とは?廃車後はどうなるの?

車が不要になった場合、廃車にする人もいます。車を廃車にするというのは、登録を抹消することを意味します。
最近、不要になった車を買取るという広告が増えていますが、それは海外への輸出が増えているからです。車の登録を抹消することで、輸出した先の国で改めて登録することができるのです。
廃車というと、使い物にならなくなった車を処分するというイメージを持つ人が多いのですが、買ったばかりの新車であっても、登録を抹消すれば廃車となります。
登録抹消の手続きには、大きく分けて永久抹消登録と一時抹消登録があります。永久登録の場合は、車の登録を永久に抹消することです。永久抹消登録の場合は、車を解体する必要があります。解体された車は、鉄やアルミとして再利用されます。使えるパーツがあれば、スクラップする前に取り外して売買が行われます。
車を解体せずに、登録だけ抹消するのが、一時抹消登録です。車をコレクションして集める場合も、一時抹消登録の手続きを行います。