廃車(抹消登録)と自動車税について

廃車(抹消登録)と自動車税について 自動車を廃車(抹消登録)すると、自動車税や自動車重量税、また自賠責保険料などが還付されます。
自動車税については、次の年の3月分までの費用が還付されます。
手続きは廃車にしてから1か月後くらいに自動車税を納めている市町村から案内が届くので、振り込み口座など必要事項を記入して送り返すと、翌月に振り込まれます。
自動車重量税は買取の場合は還付されませんが、廃車にした場合は車検が1カ月以上残っている場合に、残りの期間に応じて還付されます。
自動車重量税の還付手続きは永久抹消、又は解体届出の手続きと同時に行う必要があり、若干複雑な手続きがあるので、間違えないように注意しましょう。
自賠責保険の還付金については、市町村ではなく保険会社に直接還付請求を行います。
一つひとつ手間がかかりますが、僅かであっても払い損がないようにきちんと還付請求をして、還付されるべきものはきちんと還付してもらうようにすると良いでしょう。

普通自動車を廃車(抹消登録)した場合の自動車税は?

陸運支局にて廃車手続きを行った普通自動車は、自動車税を納税している場合は還付されます。
もし、未納の場合には減額される仕組みです。
この減額は月割りであり暦月で行うため、月末が月初などにずれ込んでしまうと、還付される自動車税額が1ヶ月分少なくなりますので損をした気分になります。
この抹消登録すなわち廃車は、所有者の印鑑登録証明及びナンバープレートの返納証明などをセットで陸運支局窓口に提出しなければいけません。
書類不備などがある場合には、全ての書類を返却されてしまいます。
このとき、必要に応じて抹消登録証明書類を取得することも可能です。
この廃車手続きによる自動車税還付申請は、大抵の都道府県においては申請を要しません。
還付に関する金券が送られてきて、それを指定金融機関に持ち込めば、現金に換えてくれます。
なお、還付は月割りで計算されますが、抹消登録を行った月の翌月から3月分までとなりますので、3月に抹消登録を行った場合は還付が発生しないことに注意が必要です。